ゲスト視点はこうでなくっちゃ

Category: プレゼンのコツ
Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest

 

Youtubeを見ていてひと駅乗り過ごしてしまった。。というほど感心したプレゼンの話。

例のD23Expo、アメリカのディズニーランドの近くで行われているディズニーのファンのための祭典。パイレーツ・オブ・カリビアン4~On Stranger Tide~が2011年公開だという発表をジャックスパロウの格好をしたジョニーデップ登場で発表したり、すごいことになっている。。ただの展示会や発表会じゃなく、単なるファンイベントでもない、期間限定で作られたディズニーランドと言ってもよいかも。行きたかったなぁ。。。

そんな色々な中継を見ている中で、世界のディズニーランドなどのトップにあたるJay Rasro氏が今後のパークや新アトラクションの発表をファンに向けて行うプレゼンの模様。ラジエタースプリングスを再現する「カーズランド」や、あの美女と野獣の晩餐会のレストランも登場する「ファンタジーフォレスト」など、わくわくする発表があるわけです。

それはそれで良いんだけど、その最後のプレゼンが「2010年スターツアーズを閉鎖することにしました」という発表。。ここからは是非見てほしいので詳細は書きませんが、ディズニーの部門トップという偉い立場の方でも、こういうプレゼンをできるエンターティナーなんだなぁと、とても共感できました。

会社のプレゼンを事業計画ととらえるのは当たり前ですが、それをストーリーボードととらえるこそ、ディズニーは違うなぁと。これこそがゲスト、お客様視点で考えることなのだと思います。

私もそんな本家のイマジニアの企画方法を自習して、独自の方法を考えているわけで。。

というわけで、スターツアーズのプレゼン。。

http://www.youtube.com/view_play_list?p=CB07A486BAE1E7D6&playnext=1&playnext_from=PL&v=VliPqCf4Z0w

Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest