パズル文庫

Category: ブレストのタネ
Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest

アトラクションをつくるときには、ストーリーがまずベースとなる。

こんなものを見つけた。パズル文庫。

見た目は文庫本で、開くと数ページの小説が書いてある。その物語を読んだあとにうしろについている付属品のパズルを楽しむというもの。

いままでも、高速道路のお土産やさんとか、いろんなところでこういう「パズル」は売っていたと思うけど、ちょっとした工夫、つまりストーリー性を加えることによって楽しさが増すものだと改めて感じた。

まずは、ストーリー。これが基本だ。

Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest