プロジェクターでの表現方法

Category: 【●ディズニー企画チーム時代の雑記】
Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest

そういうことなんだよなぁ。

企画って、今普通にあることを表現しなおすだけでも、あっと驚くものを作ることができるし、説明やキャッチフレーズを変えるだけでもすごく斬新な見え方になる。

これも、今まであった、普通のプロジェクター技術だし、テーマパークなどでは例えばホーンテッドマンションのマダムレオタや歌う石像に使われている「トーキングヘッド」と呼ばれている手法に似ているので、新しいことではない。ただ、それをあなたも作れるというようなプレゼンテーションに、人型にくり抜いたものへの真新しい見せ方の投射すると、斬新な感じがしてくる。

着目の仕方が大切な良い例。。アイデアはいろいろなところに転がっているんだね。

Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest