夢は捨てていくもの…なのか?

Category: ブレストのタネ
Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest

幼稚園にて父の会、園長先生の話を聞く。
1時間ぐらいのお話の中の1つが、

「夢は捨てていくものだ。。。」

幼稚園児に大きくなったら何になりたいか?と聞くと、
「ウルトラマンになりたい!」とか
「ピカチューになりたい!」とか
普通になれると思って夢見ている子がいる。

そういう子でも、小学生になると、
「プロ野球選手になりたい!」とか
「Jリーガーになりたい!」とか
一般的になることが可能なものに夢が変わってくる。

しかし、さらに成長すると、その夢は、
「野球は好きだけど、食べていくほどではない。
食いっぱぐれない公務員になりたい」とか、
現実的な選択をすることになっていく。

あることを選択すると、他の夢を捨ててっている。
その選択の過程で成長するし、自分で良い選択をできるように成長させたい。。
というような話だった。

たしかにその通りだし、自分で捨てる選択もできるように成長してほしいと。

でも、ふと思う。

自分もそうだったのか?

幼稚園のときは「先生になりたい」
小学校の文集では「ゲーム会社でゲームを作る」
中学校の文集では「テレビ局のディレクターになりたい」
高校時代は「テーマパークやアトラクションをつくりたい」
むしろ、小さい頃のほうが現実的で、非現実的な夢へと走ってきた人生だった気がする。。

ランディ・パウシュ教授の「最後の授業」みたいだが、
彼と同じように、思い描いたこれらの夢はなんらかの形で全部叶えてきた。
それは運が良かったからなのかもしれない。
でも、それでもいいんじゃないかなぁ。

やっぱり夢はあきらめたら、それで終わりだから。

Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest