「二刀流」プレゼンテーション講座

Category: 大畠崇央講演会・活動報告, 講演会・トークイベント
Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest
上手いプレゼン、眠くなるプレゼン、その差はどこにあるのでしょうか。
TEDのようなプレゼンをするコツを見つけたいと思っている人もいるかもしれません。

あなたがプレゼンをするときのことを思い出してみてください。

次の8つの項目のうち、いくつ「YES」と言える項目がありますか?

①プレゼンで最初に準備すべきことは、自分の考えをまとめることだ
②プレゼンで用意するスライド枚数は1分につき1枚程度が目安にしている
③スライドはデザインを重視し上手な人に作ってもらい、話すのを担当している
④スライドの配色は2色、多くて3色を基本とする
⑤プレゼン時のスライドを、配布用資料としてそのまま活用できる
⑥同じ内容のプレゼンを求められるときは、同じスライドを使えるようにしておく
⑦登壇用の演台の前に立ち、身振り手振りに気をつける
⑧発表者ツールのメモ機能を活用して、台詞を書いておくのがよい

プレゼンテーションの基礎で言えば、この8つの項目は「ほぼYES」と答えることが望ましいはずです。

back-marketing
私は今までのプレゼンテーションで、経営者向け、新入社員向け、親や大学生から小学生まで多くの聴講者層の皆様に向けた講演を行ってきました。
扱うテーマも様々で、夢を叶えるようなキャリアプラン視点のものからビッグデータの解析、経営の価値転換など幅広いプレゼンテーションを経験し、過去1万人近くの方を前でお話をさせていただきました。

そんな私の場合、先ほどの8つの項目は全て「NO」。プレゼンテーションを全く違う方法でアプローチしています。
しかし、こんなにうれしい感想をいただいています。


これほど感動的なプレゼンテーションは初めてでした某企業CEO
日本でこんなエキサイティングなプレゼンを聞いたことがない海外企業CEO
解析の話にもかかわらず、感動的でした。某大手運輸企業マーケティング担当
最前列でかぶりついて話に聞き入りました某大学教授
1日で複数の講演を聞いたけど、帰りに話題になったのは大畠さんの講演の話ばかりでした某企業マーケティング担当
●Twitterでの感想・・


そして最も印象的な感想がこちらです。

プレゼンがまるで「ライブ」のようでした!!某大手IT企業管理職

私が目指しているのが、まさに

今までのプレゼンとは180度違う考え方を用いて、プレゼンテーションでうまく伝えたい、TEDのようなプレゼンテーションをしたい、エバンジェリストになりたい、そんな方に私が培ってきたプレゼンテーションの方法をお話していきます。

エバンジェリスト、企画担当者、マーケティング担当者、自治体での集客担当者、企業内勉強会など。
通常のプレゼンテーションのセオリーを覆す「二刀流」プレゼンテーション。何を伝えたいかで2つの手法を使い分ける方法をお話します。

テーマパークの新人教育で演出話法を教えてきた経験をベースにした発声や立ち振る舞い方法、ディズニー等で学び実践してきた説得力が増すプレゼンスライドの作り方、コンセプトをベースにしたストーリーテリングの手法を用いた全体の構成方法を混ぜて、心が伝わるプレゼンテーション技法をお話していきます。

■概要 二刀流プレゼンテーション ロジックとストーリーで伝える技術
・ビジュアルでの表現力:パワーポイントの使い方 基礎~応用 (高度な知識は不要、工夫次第で表現力がぐっと高まります)
・構成での表現力:伝え方、話の組み立て方、プレゼン資料の組み立て (書籍を執筆してきた経験をもとに、構成力をアップする工夫をお話します)
・話し方の表現力:人前で話す、プレゼンでの話し方・立ち振る舞い方など(テーマパークで新人研修をしてきた経験から、話力をアップする方法をお話します)

ライブ・プレゼンテーションに関してのご相談・お問い合わせ
(掲載可能なもののみ紹介します)
講演会に関してのご相談・お問い合わせ
Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest