ウィンナーを作れ

Category: ひとこと
Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest

IV. Create a “wienie” (visual magnet).
『ウィンナーを作れ』
ゲストが見て興味をもつような連続的な仕掛けを入れておきましょう、ということです。
日本のお笑いの手法で「てんどん」と呼ばれるものがあります。ある意味これに近いかもしれないのですが、同じものを繰り返して提示することでゲストは興味を引くので、このような手法を使いましょう、というものです。
企画やストーリーを展開するときには、メインストーリーとは別の「視覚的に惹きつけるもの(Visual Magnet)」を作り、それが次のシーンにもあると、その先にどんな展開になるのかが気になるので視覚的な興味が引き付けられ、全体的な素晴らしさも増す、ということです。
PIXAR作品ではボールやピザプラネットのトラックでそれを表現しています。
ところで、なぜウィンナーなのかというと、古い映画用語が元になっています。無声映画時代の撮影で犬が飛ぶ演技をするときにカメラの上にウィンナーを釣ることで熱中してジャンプしたことから、惹きつけられるような仕掛けのことを映画用語でウィンナーと呼んでいたんだそうです。

・・・・ミッキーの十戒の話

Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest