ロゼッタストーン+源氏物語=

Category: 【●ディズニー企画チーム時代の雑記】
Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest

ロゼッタストーン。

歴史的価値のある石。

縦1m強、横70cmぐらい、重さ760Kg。

エジプト・紀元前のプトレマイオス王朝時代のことが記されていた「大きな石」。

刻まれた聖刻文字は1419文字らしい。

源氏物語。

歴史的価値のある紙。

54帖。たぶん総重量10Kg以上。

平安時代、1000年ごろ紫式部が書き始めた世界最古の長編小説と言われている。

総文字数は、約150万文字という調査がある。

フロッピーディスク。

歴史的価値のある磁気。

1970年、パソコン向けにIBMが作ったフロッピーディスクが登場。

当初は8インチサイズで、容量が128キロバイトだったという。

半角英数で13万文字まで入るという計算になる。

USBメモリー

256MBで計算すると、半角英数で3億文字弱入る。

先日発表になったディズニーDVDのマイクロSD版。ティンカーベルの映画の映像が512MBの中に収まっている。

今やギガ単位で入るもっと小さいマイクロSDなどがある。

すごい技術だ。

さて。

石は水にも、火にも強く、2000年以上たった今でもその歴史をたたえることができる。劣化が少ない。

紙は保存によってではありが、劣化がでてくるものの、その修復をすることが可能だ。

磁気になって、劣化はしなくなり、長期的な保存が可能になった。

その代り、中身を見るには別の機械が必要となり、その機械がなくては見れなくなった。

石や紙に比べて、ちょっとした傷でも命取りで、修復するのが困難になった。

便利さとともにリスクも受け入れることになったのだ。

そして・・・ここでやっと本題に戻ろう。。

USBメモリーの話。

パソコンを落としてしまい、その衝撃をUSBメモリーが直撃で吸収してくれたことでパソコンは安泰。

しかし、USBメモリー破壊。。。。

ロゼッタストーン並みな重要さと、源氏物語並みなストーリー性をもった、数々の企画書、まったく読み取れず。。。

無反応。

やってしまったーーーーーーーーーーーー。

歴史は取り戻せないってこった。。。ハぁぁ。。

Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest