今年の漢字

Category: 働き方改革
Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest

大畠の部署定番(?)の習字タイム。ディズニーの部署の時にもやっていましたし、今の部署でも取り入れてみています。

さて、2016年最後のユニットの定例ミーティングで、自分的今年の漢字をみんなに書いてもらいました。1年ぶりに筆を持ち、漢字とそのココロをそれぞれ発表していきます。

日本の今年の漢字は「金」でしたが、うちの中では「越」「挑」など前向きな一文字がほとんどで良い一年だったと感じます。

私の今年の漢字は【噺】(はなし)。

ストーリーの意味から、本の出版のこと。

噺家(はなしか)の意味から、講演を沢山の方に聴いていただいたこと。

そして何より、口に新しいという漢字から、今年新しく出会ってお話した方が最高に多かったこと。
素晴らしい一年、お会いした皆様、ありがとうございます!

Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest