美味いすき焼き

Category: 【●ディズニー企画チーム時代の雑記】
Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest

Nabe

この前、世にも奇妙な物語で、すき焼きの話があって、めちゃくちゃ美味そうだったんだよね
というわけで、すき焼きを。
まず牛脂を鍋いちめんに広げる。
その上に薄切りの牛肉。
そして、肉の上に砂糖。
肉に甘さが移ったところで醤油、酒をくわえる。
関東風の場合は、あらかじめ作られた割り下で具を煮ていくが、私がロマンを感じるのはこの関西風。
具材はねぎ、焼き豆腐、白滝、椎茸、えのき。
白滝はカルシウムの成分が肉を固くするから、距離を置く。
肉60°
ねぎ70°
豆腐90°
白滝60°
椎茸50°
えのき30°が好ましい。
この段階で水や酒を加える人もいるが、
私の場合は春菊を投入し、ふたを閉じて3分。
自然と野菜たちが鍋の中に汁を満たしてくれるのを待つ。
この3分間、私は神の時間と呼んでいる。
・・・なんていう物語通りに作るのはムチャだけど、美味しくいただきました
白滝と肉の位置関係のことは知ってたよ
物語の最後に出てくるあの黒いむにょむにょって何だったんだろう。。
さて、ここで卵だ。かき混ぜるのは9往復半。白身がかもし出すとろりとした食感を失わないギリギリのところで止める。

Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest