自分自身もゲストの靴を履こう

Category: ひとこと
Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest

II. Wear your guests’ shoes.
『自分自身もゲストの靴を履こう』
社長でも企画者でもどのような立場であったとしても、ゲストと同じように経験や利用をするのが重要ということです。英語でwear hats「帽子をかぶる」という表現で「役割を担う」という表現をすることがありますが、この文章では「靴」という表現であることが重要。つまり、その立場で歩き回れ、ということなんですよね。机上で話すのではなく、同じ視点で歩くことで、そこから発見することがたくさんあるわけです。

・・・・ミッキーの十戒の話

Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest