衆議院選挙とアウェイ戦

Category: 【●ディズニー企画チーム時代の雑記】
Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest

衆議院選挙が公示されました。

思うところ、党首は相手の政策批判をするのは良くないと思うんです。

良くないというのは良し悪しという意味ではなく、勝ち負けという意味で。

例えば高速道路に対してうちはこうと主張する。

これに対して批判を行うということは、その主張に反対意見を述べること。

つまり、相手の作った土俵の中でYes/Noの相撲をとることになるわけで、いわばアウェイ戦です。

前回の郵政選挙の「郵政民営化YesNoか」というのは、自民党は完全に「ホーム戦」に持っていったわけで、ホーム戦のほうが戦いやすいし、準備量が違います。サポーターももともと多い。

今回の選挙は論点が色々あるものの、比較説明するよりも批判するほうが目立っている党首がでてきているように感じられ、

自らアウェイ戦にしていっているようなものだと思ってしまうわけです。

さて、どこがホームグラウンドを獲るか。。

Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest