視点の違い

Category: ブレストのタネ
Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest


今日のニュースは衆議院選挙のことで持ちきりだ。
首相は次の一手をどうするだ、民主党政権になったらどうなる、そういう感じで論評するのがほとんどだ。

ところが報知新聞だけは全く違う視点で総選挙を報道していた。

「どうなる24時間テレビ?」
総選挙速報は投票締切直後の夜8時ぴたりから各局の予想速報を流すのが通例だ。でも24時間テレビ放映中であれば最も盛り上がってZARDの曲で大合唱しながらマラソンランナーを出迎える時間帯。
それだけならともかく、選挙の出口調査とか、候補者の事務所からの中継とかで全国的に人が足りない状態になるのに24時間テレビは全国で生中継やら募金ステーションの運営やらこちらもひとが必要だ。
そんなことを気にする記事だったのだけど、同じニュースでも全く違う視点をもって捉えることの面白さを改めて感じた。

1つの無難な世論だけをつくるんじゃクリエイティブじゃないしね。わすれないでほしいね

Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest