「鳥」・・・「豚」ときたら・・・

Category: 【●ディズニー企画チーム時代の雑記】
Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest

やっと旅行業界も景気回復か?と思いきや、豚インフルエンザって?!

うちの子(幼稚園)が先週カゼっぽかったので(もちろんそんなことはないけど、)「豚インフルエンザか?」と聞いたら

「あたちはブタちゃんじゃない!」

と言われてしまいました。。。

そんなことはさておき、「A香港型」とか「Aソ連型」とかと同様に、当たり前のように「鳥インフルエンザ」が報道されていて、今回は「豚インフルエンザ」が脅威だという話が出た。

(そいういえば、まだ「ソ連」っていうんだなぁ。)

小学2年生のころ、近くにあった養豚場にみんなでよく遊びに行っては「大きくなれよ!肉好きでしょ!!」とロースハムをあげていた・・・・という記憶を1年前ぐらいにふと思い出して、

「と、ともぐい・・・させてた・・・」

と、青ざめたのがつい先日のようだが、そのころの記憶をひもといてみても、豚がインフルエンザにかかったとかいう話を養豚場のおじさんに聞いたことも、見たこともなかった気がする。じゃあいつから、豚インフルエンザなんていうものが出てきたのか??

化学飼料とか、大気汚染とか、いろいろな影響が混在しているんだろうけど、さまざまな生き物に影響を及ぼしているんだなぁ。鳥、豚ときたら、やっぱり牛インフルエンザの可能性があるんじゃないか?と短絡的に考えてしまう。

調べてみた。

動物名がついているインフルエンザというのは、4種類。ヒトのほかに、鳥、豚、そして「馬」なのだそうだ。では、その4種類だけがインフルエンザに感染するのかというと、哺乳類ではいろいろ感染するらしく、アラザシとか、クジラまで感染が確認されているらしい。

そして、その「馬インフルエンザ」は人間には感染しないようなので、ひとまず安心。

それにしても、花粉が過ぎたと思ったら、豚・・・

一年中マスクをつけないと生きられないような地球になってしまうんだろうか。

Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest