フォトショップ

Category: 【●ディズニー企画チーム時代の雑記】
Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest
DVC00399.jpg

記憶とはあいまいなもので、百分を一見にしかずということだ。
アーミーなトランシーバーではなく、家庭用の(子ども用の)レシーバーだったねぇ。

久し振りの工房職人。
フォトショップはおもちゃみたいなもんなので、ちょっといじればいろんなことができる。
あとは発想できるかどうかということ。
その作品の印象に残ることを抽出し、それをデザイン化するとそう見える。
この感覚を持ち合わせられないと、この仕事は難しいだろう。

Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest