広告の価値

Category: ブレストのタネ
Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest

東京ヴェルディで7人、コンサドーレ札幌で10人、
契約更新されなかったらしい。

平均年俸はJ1で2000万円前後、J2で4-500万円ではないかという。
J1は普通のサラリーマンよりいいじゃないかと短絡的には思ってしまうが、
選手寿命は平均で3-5年だといういうから、それである程度の生涯賃金を稼ごうなんていうことはスター選手にでもならないかぎり、厳しいなんていうもんじゃない世界だ。
なお、セリエAは平均1億4000万円とか。

どの職種でもプロというのは厳しいものだな。
厳しいご時勢がこういう世界にはより風当たりが強いんだろう。

・・・
という一方、石川遼選手は年間賞金1億円を突破したという。
不思議なのは、なんかJリーグのほうが広告収入とか多いという印象があるのだけれど、ゴルフって協賛企業のメリットって何なんだろう?って。
大会名の冠に名前がつくっていうのがそれぐらい価値があるんだろうか??

そもそもネーミングライツの価値ってあるのか?
味の素スタジアムが、10年契約更新で、年間5億円
日産スタジアムが、5年契約で20億円(=年間4億円)
これは相場として普通なんだとか。

命名権.comで見たところ、一般人でも「高知競馬場のレース名」とか「新潟のスキー場の名前」とかも購入可能らしい。

うむ・・
見えないものの価値を比較するのは難しいものだ。。。

Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest