ヤマメとサクラマス

Category: ブレストのタネ
Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest

テレビでやっていた話。
ヤマメとサクラマスは実は全く同じ魚。

ヤマメは餌をとえる者と、とれない者に分かれる。
とれる者がその場所を制することができる。
餌をとれない者はその場所を捨てるしかない。
川を下り海へと行き、成長したあとにまたその川に戻る。
そららをサクラマスと呼ぶ。

成長したヤマメは30センチ程度。
海から帰ってきたサクラマスは、最大で体長が70センチにもなるという。
いったんは故郷を追われながらも、倍以上に成長して帰ってきた。

荒波にもまれ成長するサクラマス。
さて、私たちは・・

Share on VKTweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on FacebookPin on Pinterest